シーリング材を多用している仕上げ材

当社のブログを検索し、毎回見に来て頂きまして
ありがとうございます。


外部に使われている仕上げ材は注意

以前にも書いた事がありますが、最近の
建築では多くの部材を多用する為に
最終的な取り合いをシーリング材を使い
雨仕舞や意匠性を持たす様に使います。

写真をご覧ください。

こちらは金属製のパネルになります。
写真でも解説を入れてありますが
目地にはシーリング材を使っています。

金属パネル施工完了後の目地部に
シーリング材を施工して行きます。

引き渡し後の状況は紫外線、風雨等の
影響を受ける中で、金属パネルの塗膜の
劣化と同時にシーリング材の劣化も
同じ条件で傷んで行きます。


維持には一定の期間をおいて確認し修理する

次の写真をご覧ください。

こちらの写真は一部の場所を拡大した
ものになりますが、〇で囲った場所は
ブリッジシーリングを行った部分に
なりますが、目地シーリングは同じ
幅で垂直、水平、勾配の場所を施工して
行きます。

そんな中、水平部や勾配部分の
シーリング材が劣化で切れたり痩せたり
した場合には、即、雨漏りにつながり
室内や構造物への影響が出ます。

多くの場合、新築時はこのような施工を
行う事はありませんが、雨漏り等が
起きた移行はブリッジシーリングを
行うのが普通になっています。

逆に最初から危険性を考え、施工を
検討さえすればこのような無駄な施工は
無いと考えます。


雨漏り診断士からお客様へ

雨漏りが起きてしまうのはなぜか?

最近の建物での雨漏りの現状は
     どうなっているのか?

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に
このブログでは雨漏りが起きる危険個所や
実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、
原因や予防策を詳しく解説する中で、
お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、
雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場に
したいと考えます。

危険個所画像①、②

        画像②

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)

住所 〒395-0821 
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
→不在の場合には携帯電話に転送されます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + eight =