壁に大きくシミ出ているものは何!?

新規のお客様、当社のWEBサイトをを検索して
定期的に更新をしているブログを見に来て頂き
ありがとうございます。
定期的にご覧いただいていますお客様、いつも
ブログを見て頂きましてありがとうございます。


壁の全体が湿っているならまだわかりますが…

まずは写真をご覧ください。

気になった所を撮影した写真です。
少し雨が降った日で撮った時は雨は上がって
いました。

雨掛かりした壁全体は撮影した部分を除き
乾いた状態になっていましたが、この部分は
湿った状態が続いています。

さて、なぜこの部分は乾いていないのか?

雨漏りが起きやすい部分としてあがり
やすい壁と屋根の取り合い(境い目)に
なります。よく観察するとモルタル壁の
仕上がりに鋼板屋根になっています。

今は逆にモルタル壁で仕上がっている壁は
少なくなっています。しかし窯業系の壁や
金属系の壁であっても屋根との取り合いに
ついては一定の目地を設けた方が
吸込みや毛細管現象は起きにくいと
考えます。

モルタル壁も最終的には塗装を施しますが
屋根と接する部分の小口は塗装がされて
いないのが現状です。窯業系のサイディングの
小口はそうなっています。

金属系は切り放しもありますが。小口を
曲げ加工する事もあり、見た目や小口の
保護も行う考え方があります。
今回のモルタル壁ですが、屋根との境目に
大きな瑕疵が考えられます。

随分と前より雨水の吸上げがあると考えます。
壁の際には雨仕舞用の水切りが取付け
られていますが、正面側には見受けられ
無いのが気になります。
わずか20㎝ですが…(写真の部分)


場合によっては緊急事態になるかも!?

現状のシミの出方から想定されるのは
室内側の柱、梁、筋交い等の構造材や
壁内の断熱材にも影響が出始めていると
考えます。

修理費用の事も考えると早めに進めて
行く事をお勧めします。


雨漏り診断士からお客様へ

雨漏りが起きてしまうのはなぜか?

最近の建物での雨漏りの現状は
     どうなっているのか?

お客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に
このブログでは雨漏りが起きる危険個所や
実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、
原因や予防策を詳しく解説する中で、
お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、
雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場に
したいと考えます。

危険個所画像①、②

雨漏り110番飯田店
店長 宮下 隆行
(雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行

住所 〒395-0821 
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
→不在の場合には携帯電話に転送されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + one =