アルミ笠木のジョイントに起きている気になる隙間

飯田市の新規のお客様、「雨漏り、雨漏り診断士、原因調査」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているブログを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このブログでは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているブログになります。

◎この状態は雨漏りが起きています!

結論から言いますと…「雨漏りが起きます!」

アルミ笠木の継ぎ目部から壁のパラペット、屋根材との取り合いより雨水は浸入して下の部屋の天井もしくは壁または床です。

なぜ雨水が浸入し雨漏りが起きるのか?

本来その状況を下からながめただけでは本当の事はわからない部分もありますが…通常行われます施工で考えられる取り合いの考え方だと起きてしまう部分になります。そもそも矢印の部分は最初どうだったのか?実は最初はほぼ隙間がなかった!

なぜアルミ笠木の隙間が広がったのか?

今見えている所は仕上げ材料(アルミ笠木)のつなぎ目になります。つなぎ目は少しだけ隙間がありますが入った雨水は、この継ぎ目部分の部材に入って外側に雨水を排出します。

ただし、この隙間が既定より広がってしまった場合はどうなるのか?

本来起きてはいけない現象→雨水浸入→雨漏りになります。以前にもこちらの建物で今回の様な現象を見かけましたが気が付かれて修理されたようです。しかし今回また同じようになってしまいましたが、これはどうして起きたのか?

アルミの笠木は素材がアルミの為に結構伸縮で伸び縮みが起きます!伸びた結果がこの状態になります。伸縮をしてずれてしまう事を解消するにはアルミ笠木を固定している取り付け金具に伸縮止めの為にビスで固定をする必要があります。たったこれだけです。

※画像の部分の固定

見落としがちな部分だけに注意を払うこと、更なる施工の工夫

仮にビス止めを行うことで解消はすると考えますが、本来雨漏りを止めるという観点では考えが足りていないと考えます。さてその場合はどうしたら良いのか?

特にアルミ笠木の幅が広い場合に用いられる施工方法ですが、捨て笠木を取付ける事になります。パラペットの天端に仕上げのアルミ笠木を取付ける前に鋼板製の笠木を取り付けます。捨て笠木はパラペットの内側になる屋根の雨仕舞との取り合い、外壁側の仕上がりの取り合いに関わる部分の雨水をコントロールする役割になっています。

□まとめ

捨て笠木を取付ける事に関しては、今の住宅では透湿シートや防水テープなどの併用で雨水の浸入を防いでいます。住宅以外の建物では捨て笠木を取付ける事は有効な手立てになっています。アルミの笠木については壁の仕上げ幅に依って笠木の幅が決まります。その幅に依っては捨て笠木が必要になりますので、納まりを検討して対策を取ってもらいたいと思います。

当然ながら取るべき事を行はないと雨漏りが起きます。

◇雨漏り診断士からお客様へ

お客様の疑問!

「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このブログでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店 
店長、雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × two =