下に居室があるか無いかで変わるルーフバルコニーで起きる雨漏りの危険性!

飯田市の新規のお客様、「雨漏り、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。

◇バルコニーの下が居室ありか居室ないかによって違う

ルーフバルコニーのある住宅は最近よく建てられていますが、雨漏りが起きて事故になりやすいのがルーフバルコニーになります。雨漏りが起きて影響があるのはルーフバルコニーの下に居室が有るか無いかで大きく変わってきます。

↓居室があるのは下の画像になります。

↓居室がないのは下の画像になります。

見かけるのは居室がない方が多いです。居室があるか無いかで雨漏りが起きた時の状況や被害の大きさは変わってきます。さて、今回居室がある事例を紹介して危険さをわかっていただこうと思います。

下の写真を2枚ご覧ください。

室内側について確認は出来ませんが外壁の状態を見てもらうと数年に渡り雨水が浸入している状況がわかると思います。窯業系のサイディングの表面に漏水が起きて、表面の塗膜まで影響が出ている事や壁内の断熱材は雨水を吸収し断熱の効果はなく、構造材(木材)も腐朽が考えられます。

◆バルコニーの屋根や壁、サッシ、笠木などの点検

雨漏りの事故が起きやすい原因として施工方法が考えられますが、お客様の維持管理に

関する考えやメンテナンスに関する事など理解できていない点もありますが、業者側としても危険性を早めに伝える事も大切になると考えます。現在も意匠や使い勝手からルーフバルコニーの建物は減る事はないですが、雨水が溜まったり流れたりする場所については、危険個所を早めにお客様自身が知る事やできる事なら回避する事も考えてもらいたいと思います。

今のルーフバルコニーの危険個所について説明した画像がありますので確認してもらい、もし不安なところがありましたら是非問い合わせをしてください。現状を見させてもらい判断をしたいと思います。

□まとめ

ルーフバルコニーに関してはお客様自身が常に使われる場所になる為に、目視で状態を確認が出来る場所であり、排水口の掃除も出来ます。気を付けて維持管理が出来れば大きな雨漏りにはつながらないと考えます。

◇雨漏り診断士からお客様へ

お客様の疑問!
「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店 
店長、雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1 
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + ten =