外壁(モルタル壁)に入っていますクラック!

飯田市の新規のお客様、「雨漏り、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。

◎モルタル壁のクラック(ひび割れ)について

まずはこちらの画像をご覧ください。

モルタル塗りの外壁に入ったクラックの写真になります。今回このクラックの事について書く理由はクラックの入った場所と幅や深さまた伝わって流れて行く方向と場所が非常に問題である事がわかりやすいという事で解説をさせてもらいます。

外壁の仕上がりはモルタル塗りの仕上げにリシン吹付がされています昔からある通常の仕上がりになっています。また、外壁の途中には誘発目地が設けられている事や場所によっては意図通りに割れを誘発させているのが確認出来ました。

目地部にクラックを誘発するのは、外壁の途中にクラックを入れない事を目的に施工を行う考え方でもあります。斜めに入ったりすると幅や深さによっては補修に手間が掛かります。逆に誘発目地に入れば見つけやすい事や修理をしやすい面もあります。

○クラックは出来るだけ早く直す事をお勧めします

さて今回のクラックですが、誘発目地に行った事は問題がないのですが、クラックが更に下の開口部につながる形で入ってしまっている事が懸念されます。

さてその懸念とは!?

何度か説明をさせてもらっていますが外壁に雨掛かりが起きる事です。雨量や風の吹き方、強さには依りますが余程条件が揃えば壁の面を相当な量で雨水が流れ落ちると考えます。

その場合、クラックの部分にも雨水が伝わり入る事も考えられます。仮に入った雨水がどこかで排出出来る様な構造になっていたら問題はないのですが画像の様な昔からある考え方の施工では雨水が侵入して内部まで雨水が浸入してしまう事もあると思います。

画像で示すようなクラックの場合、雨水が浸入したら内部の柱に伝わりクラック通りに伝わった場合には開口部の上部の内枠からじわりと雨水が出てくると想定されます。では一旦この状態を脱するにはシーリングが適当だと思います。

ただし一時的な事と認識してもらいたい。雨漏りの状態が長期に渡った場合には内壁や外壁もある程度大規模に修理が必要になるかもしれません。このようなケースはお客様自身がまず気づいてもらうべき事になります。わからない事もあるかと思いますがその場合には業者に相談を掛けてもらいたいと思います。

□まとめ

お客様は雨漏りが起きた時に室内側で知る事が普通になります。ただし、内側に出始める前の外壁には画像の様に現象は出ています。実際お客様自身がわかる事や疑問に思われることはなかなかありません。大勢の方がわかってもらう為にこのコラムを書いていますのでご覧ください。

◇雨漏り診断士からお客様へ
お客様の疑問!
「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店
雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × five =