真壁構造で起きやすい雨漏り

飯田市の新規のお客様、「雨漏り、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。リフォーム、リノベーションを行う場合であっても雨漏りの浸入となる原因が特定できていないと先には進められません。安易な考えで修理を行ったとしても雨漏りを止めることが出来ない事実も紹介していきます。

◎昔の建物には真壁構造がありました。今は大壁構造が主流になっています

画像をご覧ください。

こちらは真壁構造のお宅になります。まだそれほど経過をしていない新しい家に感じられます。今では珍しいかもしれません。柱や梁を魅せる真壁構造です。外部に使う場合に最も気を遣う部分は雨掛かりがあまり起きない部分に使うことだろうと考えます。風雨や紫外線が外部には当たります。その変化の中で気が付く部分は柱や梁の色の変わり方、柱や梁との境目になる外壁やサッシ開口を注意しなくてはいけません。特に外壁が塗り壁の場合に木材と塗り壁が接着している状態は引き渡されてから年々変化をして行き、隙間や剥がれが起きます。

剥がれが起きてくるとどうなるのか?画像の様に雨掛かりが起きやすい面には雨漏りが起きやすくなります。

○柱、梁、外壁、屋根、サッシの取り合いは難しい

 最も難しいのは柱や梁を魅せることです。と同時に雨や紫外線に当たる部分を表面に出していることです。魅せるという事は長い間木材の表面を陽に当たる状態のことをいいます。

 雨漏りが起きないようにする為に柱や梁の取り合いは工夫が必要です。板金の水切りも通したり、切り込んだりします。切込みが多い事は雨水の浸入口が多くなります。安易にシーリングなどを充填しても切れてしまえば雨水は浸入します。また、外壁の仕上がりも柱や梁を魅せる為にちり(仕上げの段差等)を取ります。引き渡し当初は双方密着した状態ではありますが、年々柱や梁が乾燥して痩せ、建物の動きで外壁が離れることも当然にあります。 

⦿最終的には…大壁構造に

 雨漏りが起き始めても案外気づかないのが現状です。真壁構造をお持ちのお客様に聞いても気づいていない為に、聞きながら確認をしてもらうと雨漏りが起きた跡が天井や内壁に起きています。

 その状態が余程ひどい場合には、外壁を真壁から大壁(柱を隠す)にする必要があります。そのような形にすれば問題は解決します。大壁にすることで屋根やサッシの取り合いの不具合も解消されます。仮に同じような雨掛かりが起きても以前のような雨水の流れは起きません。

□まとめ

 真壁構造のお客様はまず2階の柱(四隅)の部分の下の部屋の天井を確認してみて下さい。よく見ると雨染みガ確認できるかと思います。懐中電灯等で光を当ててみるとよりわかるかもしれません。

◇雨漏り診断士からお客様へ
お客様の疑問!
「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」


雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店
雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + 20 =