新年冒頭に考える!お客様がお持ちの住宅や建物で起きる雨漏りにつながる原因は何か?

飯田市、下伊那、長野県の新規のお客様、「住宅、建物、雨漏り、劣化、欠陥、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。リフォーム、リノベーションを行う場合であっても雨漏りの浸入となる原因が特定できていないと先には進められません。安易な考えで修理を行ったとしても雨漏りを止めることが出来ない事実も紹介していきます。

◎改めて雨漏りの原因を考える

 雨漏り110番飯田店を開設してからブログやコラムを書いてきています。多くの方が検索して当店のサイトから見ていただいております。改めて大変ありがたいことだと思います。今年もこれから改めて雨漏りの現状を、コラムを通して発信はしていきます。そこで改めて雨漏りの原因について再度書いてみようと思います。

 コラムの最後に書いております文言の6つに関してですが、その最初になります「雨漏りが起きるのはなぜか?」ですが、いずれも人的なことが関わります。人的なことの大きな部分を占めるのは施工業者になります。当然ながら当店もそこに含まれてしまいます。

 今や新築住宅は瑕疵保証の中で建てられているために、雨水が浸入しても宅内まで浸水しないような考え方で進められています。かなり厳しい施工が要求されています。しかし、それ以上に考えなくてはいけない施工方法が続いていることやメンテナンスが絶えず必要な建材や工法でお客様に引き渡されています。10年以内の事象であれば保険対応が出来るので一定の安心はあるとは思いますが、本来の安心とは違う感じがします。

 もう一つの人的な理由ですが、引き渡されて経年劣化が続く外皮(外部)の状態を管理していくことです。外皮については予想以上に傷みが進行します。建物4面ありますが、特に南と西面は傷みの進行が早いです。外皮に使われています仕上げ材(モルタル、窯業系のサイディング、金属、その他)によっても変わってきます。

○雨漏りに早めに気づくこと…外側から

 先にも書きましたが、引き渡された建物は基本お客様自身が管理をして行かなくてはいけません。外部と内部では傷み方が違います。内部は生活スペースになるためによほどのことがない限り大きな修繕につながることは無いかと思います。しかし外皮(外部)は違います。1年を通して雨風、降雪、強風(台風)、陽射し、紫外線など外的な影響が続きます。

例えば窯業系のサイディングの外壁でしたら、表面の塗装面、外壁材のつなぎ、サッシ開口部に使われています防水材(シーリング材)を目視や触診で硬さ、切れ、剥がれを見て行くことが必要です。その他見逃してはいけないのが、電気やエアコンの冷媒管、換気口部材があります。いずれも室内につながっています。

●雨漏りの原因を追究してから修理を行う

 雨漏りが起きたら…

必要なことは雨漏りが起きている浸入口を特定することです。安易な修繕はしない方が良いと思います。修理をしたら検証が必要こと。養生をして散水をする事など…雨水を浸入させて濡らすことになるかと思いますが、特定が出来てその後修理をしてしまうので安心してもらいたいです。

 単にシーリング材を使って修理をしたとしても解決は出来ません。そのシーリング自体も施工の手順を守り行う事が必要になります。早めに気づき直すことが出来ればそこから長く維持が出来ると考えます。

□まとめ

当店でもこれから基本に立ち返り雨漏りに対処していくように考えていきます。このような事態ですので、長く掛かるかと思いますがお客様には立ち会ってもらい検証して納得いただけるようにしていきたいと思います。中古の住宅を購入の際もインスペクションを行い、確かのものが購入できるお手伝いもしたいと考えます。

◇雨漏り診断士からお客様へ
お客様の疑問!
雨漏りが起きるのはなぜか?
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店
雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × two =