この横葺屋根(段葺)に何が起きたのか?雨漏りの原因は何か?

飯田市、下伊那、長野県の新規のお客様、「住宅、建物、雨漏り、劣化、欠陥、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。リフォーム、リノベーションを行う場合であっても雨漏りの浸入となる原因が特定できていないと先には進められません。安易な考えで修理を行ったとしても雨漏りを止めることが出来ない事実も紹介していきます。

◎雨漏りが起きた原因はどこにあるのか?

写真1枚ご覧ください。

金属屋根にウレタン防水を施した屋根を見ました。さてこの屋根に何が起きたのか?原因は何か?そもそもこの防水で雨漏りが止まるのか…について考えてみたいと思います。

・この施工(ウレタン防水)を選択は正解なのか?

・雨漏りが起きている原因を確認が出来ているのか?

通常、金属屋根の維持管理の中で鋼板の表面の塗装を行う事はあっても、ここまでの様な防水処理を行う事はほぼありません。特に屋根のハゼ部から雨漏りにつながる事は鋼板屋根すべて同様な考えになります。雨漏りが起きた場合、ハゼ部をシーリングの処理を行なうのを確認しますが、原因がそのハゼでないケースが多いです。

屋根のハゼ部で起きることも稀にありますが、屋根勾配や勾配に合った屋根材が選択できていない時には雨水が浸入することはあります。また台風などの強風と雨がハゼ部に連続して当たり続ければ雨水が浸入することは考えられます。また、積雪による屋根面で起きるすが漏れや毛細管現象も地域によっては起こりうる雨漏りの原因にはなります。

○防水処理をしたものの経年劣化で更なる危険性

写真2枚ご覧ください。

現在こちらのウレタン防水の劣化状況ですがハゼ部や取り合いに相当の劣化が見られます。

さてこのような状況となってしまうと雨水の浸入箇所がハゼ部や屋根との取り合いに取り付けられている板金の役物付近からも雨水は浸入し雨漏りが起きてしまう事がわかります。雨漏りが起きる場所は広範囲になると考えられて、かえってこの工法(ウレタン防水)を選択した事が不利に働くようになります。

基本的な考え方ですが、ハゼ部分に塗料や塗膜を行う場合には完全な目地埋めが必要になってきます。わずかな劣化で穴が開いたとすればピンポイントで雨水が入る口になります。シーリングの施工もカートリッジからシーリング材を塗布したとしても、密着をさせる為に道具等を使い、材料を延ばすことが必要になります。面の密着度を上げる事になります。シーリングの施工に関しては詳しく書きたいと思います。

●本当の雨漏りの原因は何か?

屋根材本体には製品や屋根勾配も含めて問題はありません。ただし、屋根材のハゼを伝わり壁側に行った雨水の先の処理が問題でした。取り合いの板金の雨仕舞の隠れた部分でどのように処置をするかと雨水が浸入してきた際に外側にどのような方法で排出をするかが雨漏りを防ぐ肝になると思います。

□まとめ

雨漏りは使われています製品や工法、下地により雨水の出方が変わります。今回のご雨水の工法についても屋根材自体が熱での伸縮が起きた場合の切れに関しては考えていないと思われます。また、施工後数年経っての劣化状況も考えておかないと逆に更なる雨漏りにつながることが考えられます。

◇雨漏り診断士からお客様へ
お客様の疑問!
「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店
雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + fourteen =