どこから雨水は浸入し、天井の雨シミ、雨漏りにつながったのか

飯田市、下伊那、長野県の新規のお客様、「住宅、建物、雨漏り、劣化、欠陥、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。リフォーム、リノベーションを行う場合であっても雨漏りの浸入となる原因が特定できていないと先には進められません。安易な考えで修理を行ったとしても雨漏りを止めることが出来ない事実も紹介していきます。

◎屋根の段差部分の雨仕舞はどうなっているのか?

まずはこちらの写真をご覧ください。

こちらの写真は玄関の天井に雨漏りが起きた天井内の小屋組みを写したものです。矢印と丸印で囲い示した部分に雨水浸入が起きて雨漏りが起き、木下地に雨シミが確認できるかと思います。天井内小屋組みの木下地の雨シミの状態を見ると以前より雨漏りが起きていることが推察されますが、小屋組みの状態では原因特定まではいかないと感じます。

次の写真をご覧ください。

今度は屋根の上から写したものになります。玄関部分の屋根は鋼板葺で、本宅部分の屋根は瓦葺きの屋根になります。瓦葺きはまだ新しい状態でした。雨漏りが起きている部分は段差で納まっている屋根になります。目視の状態では雨水がどの部分から浸入し小屋組み⇒天井下まで雨水が伝わったのかわかりません。

〇気になる瓦屋根をめくって確認をする事になる

次の写真をご覧ください。

見る角度を変えて段差部分を覗いてみました。鋼板屋根の下り棟の役物が瓦屋根の谷下にどのように干渉しているか?この部分は雨仕舞の急所になりそうです。また、鋼板屋根と瓦屋根の段差部分の立ち上がりの雨仕舞がどのような形で納まっているかを目視で確認を行いましたが、棟板の際で少し窮屈な形で納まるようになっていましたが、雨水が浸入するような大きな欠陥となるところは見当たりませんでした。

●瓦屋根にも注目をしてみる必要がある

雨漏りが起きた場所は屋根の段差部分と仮説を立てる中で確認の作業を行ってきましたが、瓦屋根にも目を向けて確認をしてくる中で、少し気に掛かる部分があったのは瓦屋根の入母屋の降り棟の状態が気になりました。この部分も雨水が浸入します。浸入した場合には防水紙、桟木の間に雨水が溜まることがあります。

この仮説を基に今回はここまでとしまして、瓦屋さんに依頼をして気になる部分の瓦をめくり確認してみたいと思います。

□まとめ

雨漏りにも原因が複合して起きる為に、我々雨漏り診断士はすべての業種の納まりを知っておくことが必要です。今回の瓦屋根ですが、急所になる部分の構造を理解しておくことは必要なことです。次回には原因特定が出来て雨漏りが解消できるようにして行きたいと思います。

◇雨漏り診断士からお客様へ
お客様の疑問!
「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」


雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店
雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

Follow me!

どこから雨水は浸入し、天井の雨シミ、雨漏りにつながったのか” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − eighteen =