モルタル壁を伝わる雨水の行き先はどうなるのか?

飯田市、下伊那、長野県の新規のお客様、「住宅、建物、雨漏り、劣化、欠陥、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。リフォーム、リノベーションを行う場合であっても雨漏りの浸入となる原因が特定できていないと先には進められません。安易な考えで修理を行ったとしても雨漏りを止めることが出来ない事実も紹介していきます。

◎なぜこのような壁の造りにしてしまったのか?

 こちらの画像をまずはご覧ください。

注目をしてもらいたい部分は矢印の場所になります。何がどうなっているかというと…

雨水が外壁を伝わって流れてきている跡が外壁に残っている状態になります。外壁の仕上がりはモルタルリシン吹付になっています。しかし、経年劣化により塗膜表面は水を弾くようなことが出来なくなってずいぶん経ちます。

 外壁を雨水が伝わり流れるのは表面張力によるものが考えられますが、これほど見事に伝わり流れていくようになると心配がされるのが、金属サイディングの取り合いになるかと思います。

そもそも論ですが、なぜこのような外壁の仕上がりになったのか?疑問は尽きませんが、この現状で雨漏りが起きてしまえば、この外壁の造りこそが雨漏りの原因になるかと思います。

○外壁を伝わる雨水は途中で水を切る必要がある

外壁面を伝わる雨水は水切りを設けて一旦切ることが必要となります。今回のような2階部分の垂直壁から斜め部分の外壁につながる部分で一旦雨水を切ることが大事だと考えます。例えば、今の窯業系サイディングの外壁でも軒の出が少ない建物の場合にどの部分で雨水を切る必要があるかといえば…サッシ上になります。昔は霧除けがその役目でしたが、現在は意匠上不要になってしまっていることから、雨水は外壁を伝わりサッシへ連続して伝わって行きます。その途中にシーリングがあります。

例えば、垂直から斜めに行く交点に板金加工の水切りがあったらどうでしょうか?おそらく伝わってきた雨水はその部分で水切りがされると思います。また、斜めの部分には雨垂れの跡が付くことは無いと考えます。

●外壁を改修する際に伝わってきた雨水の跡を確認し問題を解消する

 さて、今回の外壁ですが伝わってきました雨水の最終到達部分ですが、新しい外壁(金属サイディング)貼られているようです。伝わってくる雨水の跡を見ますと金属サイディングの上端の見切り材のところに垂れた跡が来ているのがわかると思います。この状況が何を示しているのか?雨水が金属サイディング見切り材の内側に達していた場合には雨水の行き場所は金属サイディングの内側になります。

 現状は目視で仮説を立てている状態ですが、仮に散水を行った場合にはどの部分から雨漏りが起きるのか?問題を解消するにはどうしたらいいのか?簡単に処置を考えるとしたらシーリングの処置が最も安価になるとは思いますが、ただしそのシーリング処置に更なる方法を考えるとしたら、垂直と斜めの交点の部分に水切りを取り付けたらいいと思います。今提案として考えるのは恒久な方法としては良くはないと思います。これから先についてはお客様と相談をして決めていくことが良いと思います。

□まとめ

 たまたま見かけました案件ですが、危険と思う場所についてはほかにもあると思います。一つの指標として外壁の表面に雨垂れや汚れを見ることで、維持管理に必要となる考え方に結び付けています。また、雨漏りのチェックのポイントになると考えます。お客様も是非ご自宅の外壁の様子を見ていただくと良いと思います。特に外壁と屋根、外壁とサッシ、外壁と設備機器(換気口、外線)の場所は見ていく必要があると思います。

◇雨漏り診断士からお客様へ
お客様の疑問!
「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店
雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 3 =