天井に起きている雨漏りの原因は施工のミスになる

飯田市、下伊那、長野県の新規のお客様、「住宅、建物、雨漏り、劣化、欠陥、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。リフォーム、リノベーションを行う場合であっても雨漏りの浸入となる原因が特定できていないと先には進められません。安易な考えで修理を行ったとしても雨漏りを止めることが出来ない事実も紹介していきます。

◎室内の修繕やリノベーションを行う際は雨漏りの原因を特定すべき!

まずは画像2枚をご覧ください。

店舗のリノベーションを行う現場を見させてもらいました。既存の天井を見てみると薄っすらと雨漏りが起きたシミの跡が確認出来ました。その近くにあるビスは表面が錆びている状況まで確認が出来ました。この時点で屋根上に何かが起きていると考えました。またこのような状況も確認が出来ました。次の画像をご覧ください。

雨漏り起きている天井の上に更に天井の仕上げを行っている現状です。お客様自身がこの事態を確認することは出来ません。より屋根上の状況を確認しておかないといけないと感じております。続いて次の画像をご覧ください。

画像は防水屋根と外壁との境目を写したものになりますが、いずれの画像に共通することは仕上りが途中で切り替わっていることです。専門業者もその時点で変わっていることになります。仕上げが変わるとしてもその境目は雨水が浸入しやすい部分になります。例えば、外壁が金属サイディングと防水との境目になりますが、外壁を貼る前に防水層はどこまで上がっているのか?また、本来は外壁の水切りを取り付けて雨水を切ることが必要とされている状況でなぜに行われなかったのか?が疑問となります。

続いて外壁がモルタル塗と防水ですが、防水面より外壁面の方に厚みがあるものの、段差部の仕上がりの取り合いは材料の違いから接着することはありません。一般的にはシーリングを施して防水施工を行います。以上の疑問を散水調査で確認をして雨水浸入が無いことを確認した上で室内側の作業に入ることが大切になると考えます。

○雨漏りの原因は簡単な修理では止まることはない!

雨漏りが起きた時に原因を修理する際に用いますシーリング材ですが、充填の仕方やしごき方を間違うと雨漏りは止まりません。今回の防水ですが表面の状態が良いと判断をした場合に表面に再度塗り重なることも可能ではありますが、懸念箇所を修理しておかないと意味を持たなくなってしまいます。

 ほかに防水面に取合うような後付けされた配管や器具、手摺り、基礎なども確認をする必要があると思います。

●施工前後の作業を専門業者は知らなくてはいけない

 住宅、店舗、工場などの建物は専門業者の前後の工程で出来上がっています。それぞれの専門性を持った業者が前後の仕事のことを考えての作業を行わないと雨漏りの事故を止めることは出来ません。その為には仕事の可視化が必要になるかもしれません。 現在進められています住宅の瑕疵保証ですが、基本は建設会社の管理になっていますが、専門業者も必要な知識として持つことは大事ですが、設計者や管理者も前後の関係を知っておくことが改めて必要だと考えます。

□まとめ

この先、建物を維持していく場合には以前の状況を表側、内側から確認をして直すことは長期に維持するために必要なことであると考えます。その為に必要なことは先にもふれましたが、前後の仕事を理解していくことやお客様に可視化が出来るようなことを常に考えておくことが必要です。ちなみに最近よくあるのがエアコンの設置です。外壁を配管が貫通する際の防水処置です。カバーで見えなくなっていますが意外にきちんとされていないケースがあります。

◇雨漏り診断士からお客様へ
お客様の疑問!
「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」


雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店
雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × two =