今では少なくなってしまった真壁での雨漏りの現状

飯田市、下伊那、長野県の新規のお客様、「住宅、建物、雨漏り、劣化、欠陥、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。
「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。リフォーム、リノベーションを行う場合であっても雨漏りの浸入となる原因が特定できていないと先には進められません。安易な考えで修理を行ったとしても雨漏りを止めることが出来ない事実も紹介していきます。


◎現在は大壁構造になり、真壁構造のような雨漏りはなくなった

今現在建てられている住宅のほとんどが大壁構造になります。見た目で言えば柱や梁、筋交いなどの構造材が見えているか見えていないかになります。
参考に次の画像を数枚見てもらえるとわかるかと思います。

柱や梁(桁)などが表面上見えている状態は何を示しているのかといえば、雨掛りがした後に木材の表面がどうなるかという事を示すことや経路によっては室内や外部で雨漏りにつながっていることを言っております。
さて大壁構造は一変して真壁とは違い構造材を外壁材等でみ得ない状態にするようになっています。外壁等で構造材が隠れてしまうので、真壁のような雨掛りは起きません。また一般的には地震などで言われております耐震等級という考え方から言えば、より今が大壁構造になる状況を示しています。
見た目の真壁のような考えも大壁構造の上に柱や梁などの見た目につながるような施工方法も考えられますが、費用面で敬遠されているのが現状だと考えます。


○真壁構造は雨漏りがわかりやすい。大壁構造の雨漏りは確認しづらい


真壁の雨漏りは柱を伝わってくることから、雨水が浸入して雨漏りが起きていることがすぐ確認は出来ます。その点では良いと考えます。

対処の方法としては真壁から大壁にしてしまう事で大幅に解消が可能です。
それに対して大壁構造になると少し厄介なのは表からでは雨水の浸入した状態が確認できず、室内側に出て初めてわかります。ただし、大壁構造の場合には外壁、サッシ、設備機器等の外壁を貫通させている部分や製品の継ぎ目に用いていますシーリングの劣化等で起きることはずいぶん知られています。サッシなども昔は外付けサッシが主流でしたが、近年では半外サッシが主流になっています。
外壁面からサッシの枠が出ていることで起きる雨漏りの事故も止まることはありません。ただし、通気工法を用いることで2次防水に当たる透湿防水シートが室内側に雨水浸入が起きないようにしています。しかし、その透湿防水シートとサッシの周りには防水テープを用いないと雨水の浸入は止めることは着ない現状がいます。


●早く手を打って直していくようにしないと維持が出来ない

構造についての考え方や気をつけるべき点についてはわかってもらえるかと思いますが、そもそも劣化が進んだ状態の中でいつ修理をおこなうのが良いのか?
雨漏りが起きてからでも困る。雨漏りの原因がわからず修理するのも困る。
早めに手を打つ大切さはわかってもらいたいと思います。

□まとめ
お客様自身が自宅のことについてすべてを知っていることはありません。しかし、目で見て不思議と感じることに関して我々専門業者は応えていかないといけません。今や住宅ローンが終われば家の役目が終わるというような考えがあるようですが、家は維持管理や世代間で繋げていけば何十年、何百年でも持つだろうと思います。また、その資産価値も維持管理の仕方で得られると考えます。

◇雨漏り診断士からお客様へ
お客様の疑問!
「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店
雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − 7 =