折版屋根で起きた雨漏りについて…続き

飯田市の新規のお客様、「雨漏り、雨漏り診断士、原因調査、飯田市」等のキーワードで当店のWEBサイトを検索して定期的に更新をしているコラムを見に来て頂きありがとうございます。

「もしかしたら雨漏り!?」天井、床、窓枠に普段見た事がない現象が起きていたら…それは雨漏りかも!?雨漏りを放置する事はお客様自身のお宅を傷めてしまう事につながってしまいます。このコラムは雨漏りにつながる実情や事象を発信しているものになります。リフォーム、リノベーションを行う場合であっても雨漏りの浸入となる原因が特定できていないと先には進められません。安易な考えで修理を行ったとしても雨漏りを止めることが出来ない事実も紹介していきます。

◎雨水の浸入口がわかれば修理が可能になる

 以前書きましたコラムの続きになります。

「折版屋根で起きた雨漏りについて」の内容をご確認ください。簡単な振り返りとして室内側の天井への雨漏りが、最初の所見では折版屋根のボルト部分からと想定してボルトを保護するためのキャップの取り付けを行いました。しかし、その後にも雨漏りは同じ場所から起きてしまいます。

 仮説を立てた場所からの雨漏りでなかったことから、お客様の許可をもらい天井を剥がしまして確認をしたところ雨水が鉄骨下地を通り入っていることが確認出来ました。その入り口は外壁より外側になりました。詳細な画像等はコラム内にありますので確認をしてみて下さい。

折版屋根で起きた雨漏りについて

 今回の修理については折版屋根を支え止め付けていますC形鋼の下地になります。通常下地が外部に出ることは問題がないのですが、屋根材の終わりの部分と下地の部分の位置関係が下地の方が内側に入れば雨掛かりは起きません。しかし、屋根材の端部とC形鋼の端部がほぼ同じ位置になれば雨掛かりが起きた時に雨水浸入になります。

 ともすれば製品の設計に落ち度がある場合があります。雨漏りが起きてしまえばある意味欠陥になります。今回の修理は下記の様になりました。

画像をご覧ください。

修理の方法には2種類の方法がありますが、一つは折版屋根の端部を鋼板で巻き付ける方法と今回採用しましたC形鋼を巻く方法になります。施工上後者を選択しました。

○長年の雨漏りが止まり修復出来る

 雨水の浸入口が止められたことで、室内側の天井材の交換を行います。まだ今回天井内の断熱材が無事であったことから天井材のみで済ますことが出来ました。

修理をしました天井は下記の画像になります。

□まとめ

 雨漏りの原因を追究していく中で、仮説を立てる訳ですがその仮説を検証する修理が2度に渡ってしまったことは非常に良くなかったと感じていますが、逆に思い切って最初から天井をめくってしまえば余計な費用をお客様に掛けることがなかったかもしれません。しかし雨漏りがどういった経路で来るかを検証するには今後は思い切ったことをすることも必要だと考えます。

◇雨漏り診断士からお客様へ
お客様の疑問!
「雨漏りが起きるのはなぜか?」
「住宅の雨漏りの昔と今の違いは何か?」
「住宅の時代変化で雨漏りの場所が変わってきた」
「雨漏りの原因は雨仕舞の不備」
「雨漏りは簡単には直す事が出来ない」
「雨漏りの原因、浸入口を探さなくてはいけない」

雨漏り診断士がお客様の住宅や建物を雨漏りから守る為に、このコラムでは雨漏りが起きる危険個所や実際に雨漏りが起きた事例等を詳しく紹介、原因や予防策を詳しく解説する中で、お客様には雨漏りの危険性を知ってもらい、雨漏りから住宅や建物を守る為の知識の場になります。

雨漏り110番飯田店
雨漏り職人 宮下 隆行 (雨漏り診断士 登録 22-0127)
宮下板金工業有限会社 代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224 →不在の場合には携帯電話に転送されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 5 =